英検について  

英検

年3回、全国約400ヶ所で実施される、実用英語の技能検定
  お問合せ先
財団法人日本英語検定協会 英検サービスセンター
〒162-8055
東京都新宿区横寺町55
TEL : 03-3266-8311

財団法人 日本英語教育協会
http://www.eikyo.or.jp
〒162-8686 東京都新宿区横寺町55番地
TEL:(03)3266-6511
設立:昭和25年9月
所管:文部科学省生涯学習政策局
「実用英語」の公式な定義は、「日常の社会生活に必要な英語」となっています。英検は、「聞く・話す・読む・書く」の4技能を、基礎知識から運用能力まで総合的に測るように構成されていますから、英検が検定する英語は、「状況などに応じて適切にコミュニケーションができる、一般的・総合的な英語」と言えます。
試験は、初歩段階の5級からネイティブ・スピーカーに準ずる1級までの7つの級に分かれています。各級の程度・領域・内容は「実用英語技能審査基準」に規定されており、試験問題はこの審査基準にもとづいて作られます。

 「聞く・話す・読む・書く」の4技能を、それぞれの級に応じた方法で試験します。「審査基準」では、測定領域として「聞く・話す」がすべての級で最初の項目に位置づけられ、3級以上には「特に口頭で表現できる」という条文が明示されており、実用面における英語能力の審査に重点がおかれています。そのため、英検は昭和38年の発足当初から、筆記試験に加えて、すべての級でリスニングテストを、3級以上では面接形式によるスピーキングテストを実施し、それぞれの技能を直接測定しています。

問題の内容・評価についての基本的な考え方は、次のとおりです。
【1】 試験問題はすべて実用性(practical)ということに基調をおいて作成されます。
【2】 題材は、日常の身の回りのことがらから、級が上がるにつれて、新聞・雑誌・テレビやインターネット・ビジネスなどで使われる海外の話題も多く採用されます。
【3】 スピーキングテストでは「アティチュード」という評価項目を設け、自分の考えや情報を積極的に伝えようとする態度が評価されます。
【4】 「日本人が英語でコミュニケーションができるようになる」という前提に立って、題材に日本の社会・文化・政治や日本人のものの考え方などに関するものを取りあげています。

 「聞く・話す・読む・書く」の4技能を、それぞれの級に応じた方法で試験します。「審査基準」では、測定領域として「聞く・話す」がすべての級で最初の項目に位置づけられ、3級以上には「特に口頭で表現できる」という条文が明示されており、実用面における英語能力の審査に重点がおかれています。そのため、英検は昭和38年の発足当初から、筆記試験に加えて、すべての級でリスニングテストを、3級以上では面接形式によるスピーキングテストを実施し、それぞれの技能を直接測定しています。

問題の内容・評価についての基本的な考え方は、次のとおりです。
【1】 試験問題はすべて実用性(practical)ということに基調をおいて作成されます。
【2】 題材は、日常の身の回りのことがらから、級が上がるにつれて、新聞・雑誌・テレビやインターネット・ビジネスなどで使われる海外の話題も多く採用されます。
【3】 スピーキングテストでは「アティチュード」という評価項目を設け、自分の考えや情報を積極的に伝えようとする態度が評価されます。
【4】 「日本人が英語でコミュニケーションができるようになる」という前提に立って、題材に日本の社会・文化・政治や日本人のものの考え方などに関するものを取りあげています。
 
プライベートレッスンのご案内
既成のグループレッスンでは、時間が合わない、レベルが合わない、内容が求めるものとは違う、、、などなど、どうもしっくり来ない方には、英会話教室 名古屋伏見プライベートレッスンをお勧めします。
実際、レベルアップを最優先される方には、この方法が一番効果的です。低価格でご提供を実現!!!
英語ホームページ制作 から ショッピングサイトまでご相談ください。

個人レッスン・企業研修・ビジネス英語・翻訳・英訳・通訳など
あらゆる英語サポートについても対応できます。ご相談ください。
英語ホームページ製作お気軽にお問合せください。>>>GRACY

 


みせす★イングリッシュ
〒460-0008
名古屋市中区栄1-13-4 みその大林ビル8F-D
TEL/FAX:052-201-0066

HOME英語が話せたら教室案内プライベートレッスン企業派遣INFO